1. 無料アクセス解析

初心者マークの柔道整復師日記に変更予定

注意事項:当ブログでの情報の真偽は、必ずご自身で行ってください、記事上で被害等にあっても当方では、責任を負いかねます、そこのところよろしくお願いします。

2008-03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうすぐ4月ですねっ。

 あ~もうすぐ4月です、
そうこう云っているうちに、
6月になって、
半年って早いなって思うのでしようねっ。

 今日は、昨日からの雨で寒かったです、
桜は散っちゃったかな?
まだ大丈夫でしょうか?

 たまには、花見でもしてみたいものだっ。

 では、
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

第16回あマ指師、はり師、きゅう師試験 合格発表

あマ指師1772人(合格率87.7%)、はり師4347人(78.2%)、きゅう師4344人(78.4%)が合格!


財団法人東洋療法研修試験財団は3月25日、第16回あん摩マッサージ指圧師国家試験(2月23日実施)およびはり師・きゅう師国家試験(2月24日実施)の合格者を発表した。

 それによると、今回のあん摩マッサージ指圧師試験は受験者数2020人中、合格者は1772人(合格率87.7%)、はり師試験は受験者数5561人中、合格者は4347人(合格率78.2%)、きゅう師試験は受験者数5539人中、合格者は4344人(合格率78.4%)だった。


●「第16回あん摩マッサージ指圧師、はり師及びきゅう師試験の合格発表について」はこちら:≫≫ http://www-bm.mhlw.go.jp/houdou/2008/03/h0325-6.html


 ってな訳で、
今度は鍼灸の方の合格率です、
柔整に比べて3%ぐらいいいですねっ、
鍼灸の場合は、いろいろ事情があるので、
そんなに試験自体は、難しくなりにくいのですが、
それでも、年々試験内容は変更されているようですねっ。

 ちなみに、柔整は、どんどん難しくなっているようなので、
大変ですなっ。

 では、

テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

5069人が合格! 合格率は75.6%

第16回柔道整復師国家試験 合格発表


財団法人柔道整復研修試験財団は3月25日、第16回柔道整復師国家試験(3月2日実施)の合格者を発表した。それによると、今回の柔道整復師試験は受験者数6702人中、合格者は5069人(合格率75.6%)だった。

● 「第16回柔道整復師試験の合格発表について」の詳細はこちら:
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2008/03/h0325-7.html

● 「第16回柔道整復師国家試験合格速報」はこちら:
http://www.zaijusei.com/siken16/hp16.html


■過去6回の柔道整復師試験の受験者数と合格者数、合格率の推移 区分(回) 受験者数(人) 合格者数(人) 合格率(%)
第11回 2454 2108 85.9
第12回 3000 2215 73.8
第13回 4122 2902 70.4
第14回 5127 3755 73.2
第15回 5944 4416 74.3
第16回 6702 5069 75.6



 ってな訳で・・・
6702人の受験者数ですよっ!
すごいですねっ。
合格者が5069人ですから、
数字のマジックで75.6%ぐらいですが、
実質1700人近く不合格となっています。

 これは、かなり勉強していかないと、
キツイですねっ。

 鍼の方は、受験者数が5700人ぐらいですから、
柔道整復師の方が、食っていけるっのが、
一般の人たちにも浸透してきてるのかな?

 今後、専門学校も、より国家試験対策に力を入れてくるでしょうから、
鍼灸の方でも、そうでしたが、
実技がおろそかになって、
国家試験の予備校化する可能性が大きいでしようねっ。

 ・・・するってぇと、
骨折が治せないどころか、
ホータイも巻けない人も出てくるかも・・・。
まぁ、そんな事はないと思いますが、
実技もしっかりできる治療家になりたいですねっ。

治療院もこのまま行くと、
もみもみ屋さんはきついかもしれないですねっ、
まぁ、今でも大変な所もあるようですが・・・。

 もっとも、その前に、国家試験ですけどねっ。

 では、

テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

なぜかW免許が多い昨今・・・

 「柔道整復師」も「鍼灸師」も、
基本的に両方とも東洋医学に分類されています。

 学校によっては、両方の学科を持っている学校もあり、
「おぢさん」の母校では、全体の2~3%ぐらいWで学んでいたらしいです。

 「柔道整復師」は、東洋医学と云っても、
まさに日本発の発祥の地なんでしょうねっ。

 ちなみに、整形外科の先生とは、仲が悪いと云う噂は本当なんですかね?


 「おぢさん」の仕事は、誰も聞いていませんが、
鍼灸師と云うお仕事をしています。

 この鍼灸師ですが、
テレビなどで有名と云うと、「必殺仕事人」の原作、「仕掛人・藤枝梅安さん」が有名でしょうかっ。
最初は、このシリーズに「藤田さん」出てないんですよねっ。
最近の若い方は知らないかな?

 もちろん、「おぢさん」は、仕掛人の仕事も仕事人の仕事もしていません。

 鍼灸と云うお仕事は、本来、鍼灸によって、人体の「」をコントロールするものなのですよっ!
なんとなく電波っぽいでしょ(笑)、でもちゃんとした国家資格なんですよっ。
 正確に云うと、「」の補ったり瀉したりするのです。

 似たようなことをする人達に、気功師って云う方達もいます。
そちらは、専門では、ないので、ここではカキコしませんが、
同業者の方達やマッサージをする人達の中には、
治療に加える人達もいるようです。

 ・・・で、「」なんかあるの?
目に見えないし・・・!
って云う人達もいらっしゃるでしょうねっ。
「おぢさん」にも見えません、
ただ、同業者の中には、見えるって云う人もいるらしいです。
「おぢさん」も見えたら便利なのになって思うことはありますが、
残念ながら見えないのです。

 しかしながら、治療を行う過程で、患者さんが「」を感じる事や、
治療の結果として、「」の存在を実感できます。
 
 例えば、鍼をツボに刺された時に、独特の「響き」と云う現象があります。
これは、筋肉の走行や神経の走行に近い場合もあるのですが、
あきらかに、違う通り道を通って、「響き」ます。
この感覚は、人によって感じ方が違いますが、
「電気」が通った感じと云う方もいますねっ。
これは、「得気」とも云いますが、ツボを介して「経絡」と云う、目に見えない通路を通って、
感じるものです。
「経絡」は、「」の通り道って事ですねっ。
これで、気の存在を認識できると云う事です。

 また、「経絡」と云う道筋を使って、遠隔部の治療をすると云う方法があります、
例えば、これは、痛い部分の経絡上の離れた特定のツボを使い、
極端なことを云うと、肩が痛い時に、手の指先を使って治療するのですが、
これは、経絡と云う道筋に気が通っていて、それを操作する事によって、
痛みが楽になったりなくなったりすると、
治療によって「」を実感できます。

 そんな訳で、「」と云うものは、存在するようです。

 では、

 

 

 
 

テーマ:にぱー(*´∀`*) - ジャンル:日記

あ~今日は晴天なり(・・・嘘)

 今日は、関東では、午前中雨が降っていたせいか、
ここしばらく続いていた、ポカポカ陽気も影をひそめ、
うっすら寒い一日でした。

 そう云えば、23日は、さいたま柔整の最終入学試験と云う事でしたので、
受験された方は、ご苦労様でした。
受かっているといいですねっ。

 今年の国家試験では、さいたま柔整さんも、
予想では、合格率が上がっていたとの事なので、
「おぢさん」が、卒業するまで、維持して欲しいものです。

 って事は、やっぱり勉強が大変なんですよねっ、
正直、解剖、生理などは、似たような事は習ったとは云え、
毎回赤点だった「おぢさん」には、辛いのですよねっ!
再度理解度を上げて頑張らないと、
留年したらシャレにならないですよっ。

 そろそろノートでも買いにいきましようかっねっ。

 では、

痛み・・・補足

 えっと、
こないだ記事の中で、

 器質的ってカキコしたのですが、
皆さんご存知だと思いますが、
補足させていただくと・・・。

 器質的変化(きしつてきへんか)
組織や細胞が、もとの形態にもどらないような変化が起こることをいい、このようになった病気を器質的疾患といいます。
内臓や神経、筋肉、器官といった各組織において病理的・解剖的な異常が生じた事により引き起こされる疾患・疾病の総称。対義語は、機能的疾患。器質的疾患は例えばレントゲン検査や内視鏡検査などにより病態が確認できる疾病を指します。
 って云うことです。

 ちなみに、
最近では、器質的疾患にも関わらず、
鍼灸が効く場合もあると云う話をしたことがあると思いますが、
例えば、腰椎ヘルニアの場合、
膀胱直腸障害や顕著な場合などで手術適応の場合は置いといて、
ヘルニアを手術で取っても効果が現れない場合もあります。

 「某加茂先生」などが提唱しているのかな?
そう云った場合に、MPSって云ったかどうだか忘れましたが、
まぁ、筋肉へのアプローチで効くらしいです。
上記の先生の所だと、
トリガーポイントへの注射をすると思ったのですが、
鍼灸や手技等で治せることもあるらしいですねっ。

 この手の話は、長くなるので、今回は割愛しますが、
例えば、根性坐骨神経などの場合などであれば、
神経自体を圧迫されても、
痛みではなく、痺れなどが症状になると云う事です、
云いかえると、痛みの原因は、他にあると云う事です。

 ついでに、
ヘルニアの種類ですが、
 教科書的には、
根性とごめんなさい忘れたの2つがあります。

・・・で根性の場合

脱出型ヘルニア → 激しい症状のわりに、数ヶ月で症状が軽くなる
   繊維輪に亀裂(ヒビ)が入り、そこから中の髄核が繊維輪を完全に飛び出す

膨隆型ヘルニア → 長引くケースが多い
   繊維輪に亀裂が無く、髄核が繊維輪から飛び出さず、
   髄核と繊維輪が一緒に膨れ出る


とあり、さらに、
痛がる方向によって、脱出した方向がおおよそわかるってことですねっ。

外側性ヘルニア
神経根の外側を圧迫するため、体は痛みと反対側に傾きます
(体を痛む側の反対側に傾けると痛みが和らぐため)

内側性ヘルニア
神経根の内側を圧迫するため、体は痛む側へと傾きます
(体を痛む側に傾けると痛みが和らぐ)

中心性ヘルニア
椎間板が真後ろ(中心)に向かって脱出(膨らむ)為、背髄神経本体を圧迫するもので
腰を丸めた状態で痛みが増します

 って感じですねっ。

 これが、教科書に載ってたと思いますが、
一般的な整形外科での考え方です。

 あれ?

 って思った人はするどいです!
さっきは、痛みはヘルニアが原因じゃないの?
って云ったじゃん!

 はい、ですので、この記事でカキコしてある事は、
学校の試験や国家試験では、
使用しては駄目です。

 疑問がある方は、実際免許を取って、
臨床で追症してください。

 あと、足の親指など、疾患がデルマトームに沿って現れる場合は、
根性型が多いようで、
又ふとももの裏全体とか、
ふくらはぎ・足の表側に症状の場合は、
梨状筋や大腰筋が神経を圧迫しているのでは?
と云われているようです。
 
 ああと、気をつけないといけないのは、他に重大な疾患が隠れている場合があるので
(骨盤内の腫瘍、脊椎の腫瘍、脊髄梅毒、その他)  
専門医の検査が必要なこともあります。

 それと、余談ですが、腰椎牽引については、賛否両論があるので、
時間があれば、興味深いですよっ。

 では、
 

テーマ:なんとなく書きたいこと。。 - ジャンル:日記

柔道整復師を養成する東京医学柔整専門学校で

 ちよっと前のニュースかな?
 
 柔道整復師を養成する東京医学柔整専門学校で無資格教員が授業

学校法人サンシャイン学園(中島まさ子理事長)が運営する柔道整復師養成施設、
東京医学柔整専門学校(東京都北区)で、今春卒業する予定の74人に対し、
教員資格のない者が必修科目の授業を行っていたをことがこのほど明らかになった。
朝日新聞などのメディアが報じた。

 朝日新聞の総合情報サイトであるアサヒコム
(http://www.asahi.com/national/update/
0312/TKY200803120402.html)によると、
無資格の教員が授業を行っていたのは、74人が2年次(2005年度)に受けた
「人体の構造と機能」について学ぶ科目。厚生労働省関東信越厚生局が
この科目を教える教員の資格要件を要件を満たしていないと指摘、発覚した。



 ってな訳で、2年生なので、
後で補習すればなんとかなるのかな?
夏休みとか・・・。

 3年でやられると大変ですよねっ、
ヘタすると、国家試験の受験資格がなくなっちゃうわけですから、
ってよく読んだら、今年卒業になってます、
これってどうするんでしょうか?

 では、


テーマ:思ったこと・感じたこと - ジャンル:日記

痛み⑧

 器質的な原因がないのに、
痛みが取れない症状に対しての、
「おぢさん」の所の治療法ですが・・・

 ほとんどの場合、筋肉を目的にした、
鍼灸は無効です、たまに効きますが・・・、
だいたい経絡的な考え方を使っています。

 通常は・・・
 ●特効穴って云われる、腰痛なら腰腿点とか、寝違いだったら落沈とか
 ●刺絡 痛みのある経絡上の指先を刺絡、原因と考えられる臓器の刺絡
       痛みのある部分の刺絡、自律神経から考える刺絡
 ●経筋学による円皮鍼治療
 ●手術痕による円皮鍼の治療
 ●陰陽交差鍼法
 ●局所の円皮鍼
 ●中医学による治療

 ってな感じでいきますが、
例えば、局所が炎症をおこしている場合は、
通常RICEが基本になりますが、
上記の治療法をやる場合があります。
 ちなみに、局所に鍼をする場合もありますが、
これは、かなり慎重にやります。

 では、

テーマ:あ゛ぁ゛――(●`Д´●)――!!!! - ジャンル:日記

痛み⑦

 注意する痛みと云うのがあります、
まぁ、教科書に載っているのは、
当然なので、それは割愛して・・・

 まずは、糖尿病から腰痛です、
これはやっかいです、治療法は、「おぢさん」の所では、
不明ですが、探せばあるかもしれません。

 次に、尿道結石や胆石・盲腸などです、これは、検査法で、
かかとを挙げて、ドンと落とす事により、痛みが増強すると云った、
特徴があるらしいです、
やった事がないので不明ですけどねっ。

 ちなみに、割愛した、教科書では、
夜間痛ですね、これは、学校で習ってください。

 では、

テーマ:いいもの見つけた - ジャンル:日記

痛み⑥

 痛みの原因と云うのは、いろいろあります、
以前にもカキコしましたが、いくつ引き出しをもっているかで、
患者さんが絡になる確立が高くなると云う事です。

 最近と云うか、かなり以前から注目はされては、いますが、
あまり有名ではない治療法の一つに、
手術痕による治療法があります。 

 これは、手術した事による、皮膚の瘢痕、筋肉の瘢痕などなど、
原因ははっきりしていませんが、
特にお腹の手術、例えば盲腸や胆石の手術などの傷跡に、
圧痛がある場合に、有効な場合があります。

 当然すべての症状に有効な訳では、ありませんが、
比較的腰痛の患者さんに多いです、
他にも歪みが達していれば、他の部分に症状が出ます。

 実は、追症した事がないので、
治療法としてはやった事がないんですけどねっ。

 ちなみに、鍼灸院での治療法は、
傷跡を丁寧に圧痛を探すのですが、
これが、楊枝のとがってない方ぐらいの、
範囲にしぼって探さないと駄目です、
さらに、傷口の回りもチェックが必要ですねっ。

 これに、当院だと、円皮鍼、普通は皮内鍼を用いているようですねっ。

 おそらく、他の治療法でも可能なのではないでしょうかねっ?
 
 では、

テーマ:日記 - ジャンル:日記

対抗心

 以前にもカキコしましたが、
この業界は、医師にたいして対抗心をもっている方が多いようです。

 患者さんが満足してくれれば、それでいいと思うのですが、
世の中、どう云う訳か、医師より自分の方が患者を治せるとか、
なんでも治せるかのように吹聴する方もいるようです、
それが本当であれば、すばらしい事ですなっ。

 実際問題、この手の話を聞いていると、
只の自慢話や、医師より優越感をいだきたいだけの、
幻想だったりと、聞いてて辛い場合もありますよねっ。

 どなにすばらしい治療法でも、すべての病気を治せるなんて、
そんな幻想はないと思っています、
ひよっとすると、そんな幻想も「おぢさん」が知らないだけで、
すべての真理が含まれた治療法があるかもしれませんけど、
まぁ、「おぢさん」が無知なだけかもしれませんけどねっ。

 治療家にとって、だいたい6割りぐらいは治せる技術は欲しいかなとも思います、
後は、他の優れた治療方法に紹介できればいいかと思うし、
ちなみに、この場合の治せる技術ってのは、再発しないって意味ですよっ、
例えば鎮痛であれば、もうちっと治せる方がいいかなっ。

 世の中には、自分の知ってる手技より、国家資格でない、
カイロやその他の手技にも優れた治療法があるので、
いかに自分の知識を増やすかですね、
取り入れられる物は、どんどん増やした方がいいです、
ようするに、手技の引き出しは多い方がいいって事ですねっ。

 まぁ、柔道整復のブログなので、
そっちの方の話題で云えば、
最近の多くの整骨院などの患者さんの比率で、
保険の主要四疾患の患者さんの比率より、
肩こり、慢性疾患、痛みと、
そっちの方の患者さんの方が比率的に高くなっているんじゃないですかねっ、
まぁ、古くからやってる所は、例外もあるでしようけど、
物理療法では、他と大差ない治療法では、
これから大量に輩出される同業者に対応できないでしょう、
それで手技を覚える治療院も多いようで、
以前だと、操体や、PNF、カイロ、マッサージなどを取り入れてる治療院もあるようですが、
残念ながら生かしきれてない部分もあるようですねっ、
最近だと揺らしなども取り入れてる部分もあるようですが・・・。

 まぁ、とりあえず、これから「おぢさん」が学ばなくてはいけないのは、
基本である4疾患ですから、
しっかり実践で使えるようにしないと駄目ですよねっ。
だって、せっかく資格を取っていても骨折を整復できない人もいるようで、
そうならないように、努力しないとねっ。

 では、

 

テーマ:(^ω^;) - ジャンル:日記

批判じゃないよっ!

 柔道整復師の学校がどうなっているのか、
判りませんが、鍼灸の学校では、
基本的に、一クラス30人で、授業をすることになっています。
ですので、2クラス分を1クラスにまとめて授業するのは、
本来であれば、駄目らしいのですが、
ちらほら、あっちこちの専門学校で行っています。
 まぁ、「おぢさん」的には、別に30人でも60人でも、
授業は気にならなかったですし、いつも一番前の方に座ってましから、
どちらかと云うと、うるさい学生の方が困ったちゃんでしたよねっ。
ちなみに、講師の方も、基本的には、医師の方や鍼灸の先生になる為の、
2年だったかな、過程をクリアーしないと、なれません。

 ところで、柔道整復師の講師の基準ってどうなかでしょうか?
卒業したら、なれるのかな?

 そらに、こないだ、学校での採寸の時の説明で、
人員は、とってあるけど、
さらに、追加もあるみたいなことを云ってました、
どう云う事なんですかねっ?

 では、

テーマ:(´・ω・`) - ジャンル:日記

痛み⑤

 ところで、最近では、
これも以前カキコしましたが、
慢性痛に特に多いのですが、
器質的異常はないのに、痛いとか、
幻視痛とか、
「おぢさん」は、脳の誤動作と云っていますが、
いつまでたっても治らない痛みってのがあるんですねっ、
よく鍼灸などで、どこへ行っても治らなかったのが、
数回で治ってしまったってのがあったりします、
器質的に異常がないわけですから、
当然炎症なんか起きていませんから、
薬をのんでも効果は、なく・・・。
はたまた、同じくシップ剤での効果もイマイチ、
整骨院に行っても、
整復ではなおりませんし、物療しても治らないってのがあるんですよっ、
これは、他にも治療法があるのかも知れませんが、
鍼灸で結構効果があります、
この方法も何通りかあるのですが、
ここでは触れません。

 整骨院でも、手技の中には、この手の痛みを治す治療を無意識にされている先生も
多く、そういう場合、そこの整骨院などは、上手な先生がいると云う、うわさが流れます。

 最近では、この痛みについて、
医師の方達にも興味がある方も多いようです、
一部の先生では、トリガーポイント療法を利用して、
治療する先生もいるみたいですねっ。

 では、

テーマ:日記 - ジャンル:日記

痛み④

 鍼灸の場合は、
整形外科分野から内臓疾患はたまた、精神疾患まで、
なんでも屋さんなので、
痛みと云う分野でも、結構ごちゃまぜの理論が多いです。

 流派によって考え方も違うようですしねっ、
現代的考え方で云えば、
最初に書いた炎症を取る為に、局所治療ではなく、遠位治療をやってみたり、
鍼灸は骨には直接作用できませんが、
骨を支えているのは、筋肉だと云うことで、
筋肉を和らげると云い、骨の矯正をやってみたり、
痛みを局所だけと捕らえずに、
東洋的な考えでの六臓六腑での治療、
はたまた、気という概念での、
補シャから始まって、滞り、
中医学・経絡治療等、いろいろ理屈があふれていますねっ。

 まぁ、治ればなんでもいいん゛てすけどねっ。

 では、
 

テーマ:いやっほぅ(*´∀`*)ノシ+゜ - ジャンル:日記

日曜日に行ってきました!

 だれも声をかけてくれなかったよっ!
寂しいですなっ!

 教科書って無料で送ってくれないのねっ、
アマゾンやその他の本屋さんでも1500円以上は送料無料なのにねっ・・・。

 あまり比較しては、悪いのですが、
呉竹では、無料でした、ってか、全員宅急便でしたからねっ。

 あ~友達が一杯できるといいなっ!

 では、

テーマ:日記 - ジャンル:日記

痛み③

 では、柔道整復師はどうかと云うと・・・
って前に、柔道整復師の業務分野はと云うと、
建前では、
骨折(緊急以外は医師の許可が必要)、捻挫、脱臼、打ち身?
の四疾患のみになります、それも、急性症状って条件つきです。
以上が保険で使える疾患となります。

 皆さんもご存知のとおり、
街中には、モミモミ屋さんのように、上記の疾患以外にも、
保険適用をしている場合もあるようですし、
膝痛・腰痛など、どこから慢性疾患って症状って場合もありますので、
ここでは、あまり深い突っ込みはしませんけど・・・。

 本題に戻りますが、
薬のように炎症が怒っている部分に選択的に、
広範囲に薬が効くのですが、
柔道整復師は骨屋と云いつつも、
柔部組織の治療もしていますので、
骨の整復を行うと、自然と筋肉も矯正すると言うのかしら?
骨や筋肉など、どこの部位・・・、
骨の名前、筋肉の名前が重要になってきます。

 ・・・で、それらを整復やその他の治療する事に、
痛みを和らげたり治療したりする訳ですなっ。

 ちなみに、「おぢさん」はまだ柔道整復師の分野は、
入学前なので、正確な知識とは云えません。

 ちなみに、後療として、電気(パルス)、温熱(ホットパック)、牽引、 超音波等の物理療法、
マッサージやカイロなどの手技を駆使して治療していますねっ。

 ところで、シップ剤やマッサージなど、法律的にダークな部分もあるのが、
興味深いですなっ。

 ちなみに急性症状の治療でRICEってのがありますが、
圧迫・冷却・固定・挙上だったかな、
柔道整復師の場合整復の前後には、重要なんでしょうねっ。
ってな訳で、痛みの原因は、骨の異常などの器質的な所にあるので、
それを整復してあげるってのが基本ですかねっ。

 では、
余談ですが
現在では、X-Pは禁止されていますので、
変わりに超音波でしたっけ?ゲルを塗って調べるのを於いてある所もありますねっ。

 では、

テーマ:(^ω^;) - ジャンル:日記

痛み②

 さて、前回は、鎮痛剤について、
中枢性と末梢性の話をしました。

 余談ですが、同じ鎮痛と云っても、「麻薬性」の物は、今回は、
話にいれてません。

 これから臨床に関わってきますと、
整形外科に通っている方もいらっしゃると思います、
前回では、飲み薬の話でしたが、
シップ剤でも、最近市販薬ではよく使われている、
「インドメタシン」なども末梢性の非ステロイド薬となります。

 あっ、前回は、ステロイドと非ステロイドの話は、しませんでしたが、
学校で生理学でこの手の話をしますが、
一般的に、内服や外用剤のメインは、非ステロイドになります。
単純にステロイドの方が抗炎症作用は強いが副作用も強いと理解していただければ、
いいと思います。

 例えば、歯の痛みや膝の痛みなど、特に初期における痛みと云うのは、
炎症が起きて、痛みを誘発している場合が多いです、
ちなみに、この一連の反応は、悪者扱いされていますが、
度を越すと問題になりますが、
人間の防衛反応のひとつで、理にかなった治癒の過程のひとつになります。
まぁ、それはおいといて、
炎症が起こると発痛物質がでてくるのですが、
炎症物質を抑制しょうと考えたのが、
ステロイドや非ステロイドの作用ですねっ、
炎症物質にはPG(プロテスタグランジン・・・だったかな)が、
関与しており、ステロイドや非ステロイドは、
この物質の生成段階で抑制する場所によって、
作用の違いが出てきます。
これも生理学で習うので、大丈夫です。

 ここまでの話は、末梢性の話ですから、
当然局所での効果の話です、
炎症がおきている場所で、
炎症物質の抑制をする訳ですから、
この辺が、医師や薬剤師の方達の薬を中心とした治療法ですねっ。
柔道整復師や鍼灸師の人達とは、また違った角度で、痛みに対してアプローチしています。

 それは、それで、有意義な考え方ですし、
それで治癒する方もいます。
 
 簡単に云えば、痛いと云う事は、その場所で炎症を起こして、
発痛物質が出て、脳に痛みの信号が伝わって、脳で認識して、
痛いと云う事なので、
痛みの伝わる経路での痛みの遮断や、炎症を抑える事により、
痛みが治まると考えているって事です。
漢方薬は、また別の発想があったりもしますけどねっ。
 
 では、 
 

テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) - ジャンル:日記

痛み・・・

 以前にもカキコしたかも知れませんが、
痛みと云うと、
膝痛・腰痛・頭痛・肘痛・坐骨神経痛・・・等いろいろありますが、
「おぢさん」が以前、薬屋さんに勤めていた頃で痛みと云うと、
通常は、痛み止めと云う薬をだしますよねっ。

 一般の人であれば、ファーストチョィスで、
鎮痛剤と云うのを飲むかと思います。

 ・・・で、この鎮痛剤ですが、
大きく分けて、中枢性と末梢性とあるのですが、
中枢性であれば、「アセトアミノフェン」などが有名ですねっ、
ちなみに中枢性と云うと、強いと云うイメージがありますが、
市販役の中で一番安全性が高いと云われているのが、
この「アセトアミノフェン」です、
小児用の解熱鎮痛剤として使われいるぐらいですから、
比較的安全と云うことですねっ。
中枢性と云う事ですから、脳の中での痛みの伝達に関与している訳です。

 次に、末梢性ですが、
これは、比較的最近開発されたと云っても、かなり前ですが、
炎症を起こしている部分に直接働きかけて、
消炎すると云うのが特徴でしょうかっ、
考え方を変えれば、
痛みの部分に直接働きかけ、
痛みを止めると云っても、
そんなに間違いではありません。

 最近の風邪薬や鎮痛剤でもかなり使用されており、
「アスピリン」「イブプロフェン」等あり、
特に近年の市販薬では、「イブプロフェン」は、多様されており、
効き目も「アスピリン」と比べても格段の効き目のよさで、
副作用が少ないと云われてます。
 
 
 では、

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

日曜日は・・・

 以前にもカキコしましたが、白衣のサイズを計りに、
学校へと参上します、
「まるとんとん」かな?とおぼしき人がいたら声をかけてください、
きっと、恥ずかしがって、そそくさと逃げ出してしまうかもしれませんが・・・。

 では、

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

柔道整復師国家試験

 ここ数日、柔道整復師国家試験で検索してくる方が多いのですが、
うちでは、情報がありませんので、整骨太郎のホームページた゜と
比較的くわしく載っていると思いますので、参考にしてみては、どうでしょうか?
ほかにもいろいろサイトとしては、あるのですが、カキコするのがメンドイので・・・。

 さて、試験の次の授業の時には、
どこの学校でも、答えあわせをかると思いますが、
問題は、財団の正式な答えではないので、
学校の先生のレベルによって、
答えに誤差が生まれてしまうらしいので、ボーダーラインの方は、
正式な発表まで、息が抜けないですよねっ、
特に新設校のレベルは、ちょっと不安かも・・・。

 伝統校や、「おぢさん」の卒業した「呉竹」に知り合いがいれば、
そちらの方の回答を参考にでければ、いいんじやないでしょうか?

 では、

テーマ:日記 - ジャンル:日記

効果あるんですねっ

 昨日医者で貰ったない服はイマイチ効き目が悪かったのですが、
気管支拡張剤の貼り薬の方は、結構効きました、
たぶん、比較的新しく市場に出ているのだと思うのですが、
経皮吸収タイプなので、効き目の早さを売りにしているのだと思いますが、
時間はそんなに早くないかなぁぁぁ~?
でも効き目は、バッチリでしたよっ!

 では、

テーマ:日記 - ジャンル:日記

うげっ・・・

 どうにも、調子がイマイチなので、
病院へ行こうと、仕事場の近くをインターネットで検索して、
出かたら、閉院になってました。

 ・・・で、帰ろうとしたら、声をかけられて、「すみません、何をしてたんですか?」
って・・・おい!「おぢさん」は不審者かい!
たまらんなぁぁぁ~、まぁ、寒さ防止で、顔を隠しているように見えたのでしょうが、
なんか、怪しまれると、悔しいですなっ。

 まぁ、誤解は解けたかどうかは、わかりませんが、
「すみません」とか云ってたので、大丈夫だと思うのですが、
インターネットの情報はアテにならんです、情報が更新されてないんだもんなっ。

 さて、次に近くの病院にでかけて、
気管支炎では?と云われたのですが、
一応、はしかがはやっているので、念のためXPをとって、次回来てくださいと、
云われました。

 では、

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

セキがとまらん・・・

 あ~、ここの所、ずっと咳きがとまらんです、
最初風邪かと思ったのですが、
風邪の後、咳きが残ったのか?
でも、一ヶ月前から咳きと痰はあったし、
喘息?埃?う~ん・・・?

 では、

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

 | HOME | 

FC2Ad

 

ブログランキング

一日一回、ポチッっとお願いします!

FC2ブログランキング

プロフィール

タキシード仮面

Author:タキシード仮面
 いつでも、笑顔で過ごせるといいねっ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

フリーエリア

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。