1. 無料アクセス解析

初心者マークの柔道整復師日記に変更予定

注意事項:当ブログでの情報の真偽は、必ずご自身で行ってください、記事上で被害等にあっても当方では、責任を負いかねます、そこのところよろしくお願いします。

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鍼灸のパルスの治療ついて・・・

まんが経穴入門―ツボの名前の由来、作用、主治がよくわかるまんが経穴入門―ツボの名前の由来、作用、主治がよくわかる
(2004/10)
周 春才

商品詳細を見る

 
 整骨院でやっている、低周波や中周波も、
基本的原理は、鍼で行うパルスと、それほど変わらないと思っているのは、
僕が無知だからかも知れませんが、
さほど、治療に対する刺激を与えると云う意味では、違いがないと思います。

 鍼灸でのパルスの利点は、
鍼の深さを調節するだけで、
目的の筋肉にドンピシャリで刺激を加えられることですかねっ、
ですので、自分が今、どの筋に対して治療を行いたいのか?
解剖学的に筋肉の種類を知らないと駄目ですが、
刺した感触で筋肉の緊張が判れば、
名前を忘れても、大丈夫かも?(笑)

 さらに、経穴にこだわらずとも、
目的の筋肉がしっかり判っていれば、
そこそこ効果がでるようです、
ちゃんとツボに入るともっと効果的かも知れませんけど・・・。
 ちなみに、アトピーなどの治療には、
パルスを使う場合には、きっちりツボをひろってパルスをかけないと、
あまり効果がないようです。

 僕の場合、
生意気にも、あまりパルスって好みじゃないんですねっ、
某北京堂さんのホームページで刷り込まれたって話もあるけど、
あまり使いません、使う場合は、肩こりの場合ぐらいでしょうかっ。
 
 パルスの効果って、
説明書によれば、
痛みに対しては、閾値を上げて痛みを取るのと、
血行促進という意味合いでの治療法と、
機械の設定で変化させるのですが・・・。

 実は、この血行促進に対して、どう?って思っています。
どのモードにしても、基本的に、筋肉を振動させます、
ほとんどの慢性の痛みの症状の場合は、
虚血状態で酸素不足による痛みが多いと思っていますので、
酸素が少ない状態で、さらに筋肉を振動させれば、
当然無酸素運動状態になり、
その場は、効いた感じがしても、
後になって、また痛くなるのでは、ないかと思っています。

 ちなみに、パルスによる、麻酔の理屈は、
勉強してないと云うか、あまり興味がないので、
よく知りません。
そもそも、筋肉が弛緩しないらしいので、
手術には、そんなに向いてないんじゃないですかね?
利点は、出血が少ないとかは、あるそうですけど。
抜歯には、いいんじゃない?とか、個人的に思っていますが、
鍼麻酔がかかるまでの時間があるらしいので、どうかな?
 
 話は、戻って・・・
いや、実際追症してみたいって方がいるかも知れないので、
以下やり方ですが・・・

 ○肩こりにおけるパルスの使用について・・・
 以前は・・・
 ○痛みに対しては
 10HZで間歇15分
 ○凝りに対しては血行促進として
 1HZで連続15分
 だったのですが、
「鍼通電療法テクニック」日本の医道社によると
 ○筋緊張をとる目的で
  2HZ連続筋肉の細い人には5分
  普通の人で10~20分

 もう一つ・・・ 

 ○膝痛の治療で・・・
医道の日本出版の「鍼通電療法テクニック」では、

 鎮痛と筋萎縮の予防が中心となるため・・・

 ●圧痛点に・・・

 高頻度(30~50Hz)、間歇波、10~20分

 ●大腿四頭筋やハムストリングに・・・

 低頻度(2Hz)、連続波、20~30分

 で週2~3回の治療が望ましいとなっています。

 ちなみに、あまり使用しない理由が、他にもあって、
痛みに対しては、一穴づつ治療効果の確認をしながら鍼をするようになったので、
置鍼も筋肉に対しての治療の時は、するのですが、
直後効果で痛みの確認ができるので、
痛みに対しては、パルス治療をやらないってのもあります。

 では、
スポンサーサイト

テーマ:( ゚∀゚)ヒャハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \ - ジャンル:日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://maruton10.blog109.fc2.com/tb.php/302-565de996
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

ブログランキング

一日一回、ポチッっとお願いします!

FC2ブログランキング

プロフィール

タキシード仮面

Author:タキシード仮面
 いつでも、笑顔で過ごせるといいねっ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

フリーエリア

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。