1. 無料アクセス解析

初心者マークの柔道整復師日記に変更予定

注意事項:当ブログでの情報の真偽は、必ずご自身で行ってください、記事上で被害等にあっても当方では、責任を負いかねます、そこのところよろしくお願いします。

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鍼灸の話題でごめんなさい。

 物事には、段取りってのがあるのですが、
これが上手くできると、
その事案に対しては、
ほぼ成功と云う場合が多いですねっ、
もっともどこで満足するのかは、
その後の努力にもよりますけど・・・。

 
まんが経穴入門―ツボの名前の由来、作用、主治がよくわかるまんが経穴入門―ツボの名前の由来、作用、主治がよくわかる
(2004/10)
周 春才

商品詳細を見る


 えっと、
鍼灸の話ですが、
鍼の太さや長さと云うのは、
ある程度経験により、
患者さんの感受性や刺激量によって、
決定される感じなんですねっ。
 もちろん病気の疾患にも違う場合があります、
卒業したての頃は、この選択でかなり悩みます、
悩んだ時は、基本的には、少ない刺激と云うのが鉄則ですねっ。

 ところで、鍼の太さが太くなればなるほど、
鍼の刺入痛は、大きくなるのですが、
この痛み、名人と云われる方達や、
そこそこのレベルの鍼灸師の方達でも、
かなり和らげる事ができるようです、
テクニックってヤツですねっ、
噂によれば、ぜんぜん感じないって場合もあるようですが、
正直僕には、無理です。
 
 ほとんどの鍼灸院のホームページやブログなどでは、
「鍼は痛くない」とカキコしてある所が多いのですが、
本当なのでしょうかねっ?
霞鍼とかをやっている所であれば、
痛みが少ないと云う言葉に信頼性が高いのですが、
0.18mm以上の鍼を使っていると、
刺入痛や響きによって痛みを感じる場合は多々あるのではないでしょうか?
それにしてもまったくないと云うのは、ありえないような気もするのですが?

 では、

東洋医学鍼灸ジャーナル 2008年 05月号 [雑誌]東洋医学鍼灸ジャーナル 2008年 05月号 [雑誌]
(2008/04/24)
不明

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:ゎ━━ヽ(*・ω・*)ノ━━い - ジャンル:日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://maruton10.blog109.fc2.com/tb.php/324-22542098
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

ブログランキング

一日一回、ポチッっとお願いします!

FC2ブログランキング

プロフィール

タキシード仮面

Author:タキシード仮面
 いつでも、笑顔で過ごせるといいねっ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

フリーエリア

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。