1. 無料アクセス解析

初心者マークの柔道整復師日記に変更予定

注意事項:当ブログでの情報の真偽は、必ずご自身で行ってください、記事上で被害等にあっても当方では、責任を負いかねます、そこのところよろしくお願いします。

2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鍼灸国家試験過去問生理学③

 第3回
 問題31 心周期における等容性収縮期について正しい記述はどれか。
 1.心室内圧は動脈圧より高い。
 2.大動脈弁が閉じている。
 3.心室内容積が増加する。
 4.心室内に血液が流入する。

 問題32 血液の酸塩基平衡を保つのに重要なイオンはどれか。
 1.重炭酸イオン
 2.マグネシウムイオン
 3.カリウムイオン
 4.カルシウムイオン

 問題33 分解酵素を含む細胞小器官はどれか。
 1.小胞体
 2.ミトコンドリア
 3.リソソーム
 4.中心体

 問題34 細胞外液について正しい記述はどれか。
 1.体重の約5%を占める。
 2.細胞内液より蛋白質が多い。
 3.細胞内液よりカリウムが多い。
 4.海水と似たイオン構成である。

 問題35 排卵後に血中濃度が急速に高まるホルモンはどれか。
 1.プロゲステロン
 2.黄体ホルモン
 3.卵胞刺激ホルモン
 4.エストロゲン

 問題36 ペプシノーゲンを分泌する胃腺の細胞はどれか。
 1.主細胞
 2.副細胞(粘液細胞)
 3.内分泌細胞
 4.壁細胞(傍細胞)

 問題37 胆汁酸の作用はどれか。
 1.糖質分解
 2.脂肪乳化
 3.ビリルビン生成
 4.蛋白質分解

 問題38 筋紡錘について正しい記述はどれか。
 1.遠心路α運動神経線維である。
 2.γ運動ニューロンの支配を受ける。
 3.求心路はⅣ群求心線維である。
 4.錐外筋線維は錐内筋線維より細い。

 問題41 皮膚反射でないのはどれか。
 1.腹壁反射
 2.挙睾筋反射
 3.足定反射
 4.咬筋反射

 問題46 体液性免疫に関与するリンパ球はどれか。
 1.B細胞
 2.好中球
 3.単球
 4.T細胞


 

 解答は、続きを見るをクリックしてね。
 解答・解説

 問題31 心周期における等容性収縮期について正しい記述はどれか。
 解答 2
 解説 
1-心室内圧が大動脈内圧より高くなるのは駆出期である。
3-心室ない容積が増加するのは充満期である。 
4-心室内に血液が流入するのは充満期である。

 問題32 血液の酸塩基平衡を保つのに重要なイオンはどれか。
 解答 1
 解説 緩衝系の中で重要なのは重炭酸イオンと炭酸である。炭酸はアルカリを中和し、重炭酸イオンは炭酸に変換する。

 問題33 分解酵素を含む細胞小器官はどれか。
 解答 3
 解説 リソソームは加水分解酵素を含み、細胞外から取り込んだ不要な物質を分解処理する。
 1-小胞体には、滑面小胞体と粗面小胞体(リボソーム)とがあり、ステロイドホルモン(滑面小胞体)や蛋白質(粗面小胞体)を合成する。

 問題34 細胞外液について正しい記述はどれか。
 解答 4
 解説 
1-細胞外液は体重の役20%を占める。第銃の約5%を占めるのは血漿である。
細胞内液は焼く40%を占める。
2-細胞内液より蛋白質は少ない。
3-カリウムは細胞内液より少ない。

 問題35 排卵後に血中濃度が急速に高まるホルモンはどれか。
 解答 1
 解説 2.3-黄体形成ホルモンや卵胞刺激ホルモンは、性腺の活動を調節する性腺刺激ホルモンである。
4-エストロゲンは卵胞ホルモンである。

 問題36 ペプシノーゲンを分泌する胃腺の細胞はどれか。
 解答 1
 解説 主細胞からはペプシノゲン、レンニン、電解質が分泌される。
 2-副細胞からは粘液が分泌される。
 3-内分泌細胞(G細胞)からはガストリンが分泌される。
 4-壁細胞(傍細胞)からは塩酸が分泌される。

 問題37 胆汁酸の作用はどれか。
 解答 2
 解説 胆汁酸は脂肪を乳状化し、ステアプシン(脂肪分解酵素)の作用を助ける作用をしている。
 1-糖質分解は、唾液や膵液の作用である。
 3-ビリルビンの生成は,脾臓や肝臓の作用による(ヘモグロビンの分解産物である)。
 4-蛋白質分解は、胃液や膵液、腸液の作用による。

 問題38 筋紡錘について正しい記述はどれか。
 解答 2
 解説 γ運動ニュローンは錐内筋線維に分布し、筋紡錘の感度を調節している。
1-α運動ニューロンの支配を受けているのは錐外筋線維である。
3-求心路はⅠa群線維とⅢ群神経線維である。
4-錐外筋線維は錐内筋線維より太い。

 問題41 皮膚反射でないのはどれか。
 解答 4
 解説 皮膚反射とは受容器が皮膚にある場合の反射をいう。
咬筋反射は深部反射である。 

 問題46 体液性免疫に関与するリンパ球はどれか。
 解答 体液性めんえきとは抗体を介する免疫反応のことで、Bリンパ球が主役を演じている。B細胞が(形質細胞へと分化して)抗体を産生する。
2-好中球は貪食細胞てある。
3-単球は貪球細胞で、かつ抗原情報をリンパ球に伝える働きをしている。
4-Tリンパ球は細胞性免疫に与る細胞で、働きの異なる数種類のT細胞がある。

スポンサーサイト

テーマ:あん摩、マッサージ、鍼灸師学校 - ジャンル:学校・教育

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://maruton10.blog109.fc2.com/tb.php/458-ac548870
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

ブログランキング

一日一回、ポチッっとお願いします!

FC2ブログランキング

プロフィール

タキシード仮面

Author:タキシード仮面
 いつでも、笑顔で過ごせるといいねっ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

フリーエリア

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。