1. 無料アクセス解析

初心者マークの柔道整復師日記に変更予定

注意事項:当ブログでの情報の真偽は、必ずご自身で行ってください、記事上で被害等にあっても当方では、責任を負いかねます、そこのところよろしくお願いします。

2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鍼灸国家試験過去問解剖学⑤

 第5回
 問題77 最も大きい椎体をもつ椎骨はどれか。
 1.第3頸椎
 2.第7頸椎
 3.第12胸椎
 4.第5腰椎

 問題78 腓骨に停止する筋はどれか。
 1.縫工筋
 2.大腿二頭筋
 3.薄筋
 4.半腱様筋

 問題79 筋とその作用の組み合わせで正しいのはどれか。
 1.烏口腕筋---前腕の屈筋
 2.長掌筋---手の背屈
 3.膝窩筋---下腿の内旋
 4.長腓骨筋---足の内反

 問題80 肩関節の外旋筋はどれか。
 1.大胸筋
 2.広背筋
 3.大円筋
 4.小円筋

 問題81 後頸三角を通らないのはどれか。
 1.副神経
 2.頸横三角
 3.腕神経叢
 4.椎骨動脈

 問題82 鎖骨下動脈で栄養されない器官はどれか。
 1.脳 
 2.甲状腺
 3.僧帽筋
 4.心臓

 問題83 胎児の臍静脈は生後どれに変化するか。
 1.索状の結合組織
 2.肝動脈
 3.脂肪組織
 4.鼠径靭帯

 問題84 リンパ系について正しい記述はどれか。
 1.舌扁桃は舌尖にある。
 2.輸入リンパ管はリンパ節の門を通る。
 3.脾洞は血液で満たされる。
 4.胸腺は思春期以降発達する。

 問題88 縦隔内に存在しないのは器官はどれか。
 1.食道
 2.肺
 3.心臓
 4.胸大動脈

 問題92 浅指屈筋を支配する神経はどれか。
 1.尺骨神経
 2.正中神経
 3.橈骨神経
 4.筋皮神経

 問題93 髄鞘を形成する細胞はどれか。
 1.星状膠細胞
 2.プルキンエ細胞
 3.シュワン細胞
 4.線維芽細胞 

 解答は、続くをクリックしてね。  解答・解説
 問題77 最も大きい椎体をもつ椎骨はどれか。
 解答 4
 解説 2-第7頸椎は頭を屈曲したとき隆起するため隆椎とも呼ばれている。椎骨の番号を決めるときに指標となる。
 
 問題78 腓骨に停止する筋はどれか。
 解答 2
 解説 大腿二頭筋は大腿部後面の筋で腓骨小頭につく。
 1-縫工筋は、脛骨粗面に付く。
 3-薄筋は、恥骨結合側縁から起こり脛骨粗面の内側に付く。
 4-半腱様筋は、脛骨粗面内側に付く。

 問題79 筋とその作用の組み合わせで正しいのはどれか。
 解答 3
 解説
 1-烏口腕筋は上腕の屈曲・内転運動に関与する。
 2-長掌筋は手関節の屈曲に関与する。
 4-長腓骨筋は足の外反・底屈に関与する。

 問題80 肩関節の外旋筋はどれか。
 解答 4
 解説 
 1-大胸筋は肩関節の屈曲・内転運動に与っている。
 2-広背筋は肩の内転、さらには背部に回るような運動に与っている。
 3-大円筋は肩の内旋・内転運動に与っている。

 問題81 後頸三角を通らないのはどれか。
 解答 4
 解説 椎骨神経は頸椎の横突孔を通って、大後頭頭より頭蓋腔に入る動脈である。
※後頭三角は胸鎖乳突筋および僧帽筋で囲まれた部位で、①上行頸動脈、頸横動脈、鎖骨下動静脈、②小後頭神経、大耳介神経、第3頸神経枝、頸横神経、副神経、横隔神経、腕神経叢、③頸リンパ節などが通る。

 問題82 鎖骨下動脈で栄養されない器官はどれか。
 解答 4
 解説 心臓は冠状動脈によって栄養される。冠状動脈はは上行大動脈の起始部(大動脈洞)から起こる。
1-脳は内頸動脈と椎骨動脈によって栄養される。
2-甲状腺は上下甲状腺動脈によって栄養される。
椎骨動脈とした甲状腺動脈は鎖骨下動脈の分枝である。

 問題83 胎児の臍静脈は生後どれに変化するか。
 解答 1
 解説 胎児の臍静脈は、生後閉じて肝円索というヒモ状の結合組織として残る。

 問題84 リンパ系について正しい記述はどれか。
 解答 3
 解説 脾洞は特殊な壁構造を持つ太い毛細血管で血液で満たされている。
1-舌扁桃は舌根部にある。
2-輸入リンパ管は、リンパ節の周囲(凸側)から入る。リンパ節の門(凹側)から出るのは輸出リンパ管である。
4-胸腺は、思春期以降次第に変性退化(萎縮)する。

 問題88 縦隔内に存在しないのは器官はどれか。
 解答 2
 解説 縦隔は左右の肺の間の腔で、中には、食道、心臓、気管、胸腺、胸管、横隔神経、迷走神経、交感神経などが結合組織で束ねられている。

 問題92 浅指屈筋を支配する神経はどれか。
 解答 2
 解説
 1-尺骨神経は深指屈筋(尺側半分)を支配する。橈側半分は正中神経が支配する。
 2-橈骨神経は上肢の伸筋群(上腕三頭筋、腕橈骨筋など)を支配する。
 4-筋皮神経は上腕の屈筋群(上腕二頭筋など)を支配する。

 問題93 髄鞘を形成する細胞はどれか。
 解答 3
 解説 
1-星状膠細胞は血液脳幹細胞の形成に関与している。
2-プルキンエ細胞は小脳の皮質を構成する神経細胞である。
4-線維芽細胞は組織の修復のときに増殖する細胞である。
スポンサーサイト

テーマ:あん摩、マッサージ、鍼灸師学校 - ジャンル:学校・教育

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://maruton10.blog109.fc2.com/tb.php/470-24237e6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

ブログランキング

一日一回、ポチッっとお願いします!

FC2ブログランキング

プロフィール

タキシード仮面

Author:タキシード仮面
 いつでも、笑顔で過ごせるといいねっ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

フリーエリア

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。