1. 無料アクセス解析

初心者マークの柔道整復師日記に変更予定

注意事項:当ブログでの情報の真偽は、必ずご自身で行ってください、記事上で被害等にあっても当方では、責任を負いかねます、そこのところよろしくお願いします。

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

解剖学を実戦で使ってみょう!②

 今回は前回の続き、
背屈すると、痛く、前屈すると楽になると云った場合です。
伸びると痛くて、縮むと楽になる筋・・・、

背筋の中では、
上肢の運動に関与する浅背筋の中には、ありません。
深背筋(第1層)は、肋骨の運動でもなく、
深背筋(第2層)は、脊柱の運動である、固有背筋群の中に、
脊柱起立筋が関与していそうですが、
今回の場合除外します、
関与している場合もあります。

 ポイントはエビ反りの状態になると楽になる筋と云う事です、
教科書で云うと、
下肢の筋の中の
内寛骨筋の項目を見ると、
「大腰筋」ってのがあります。

起始:腰椎の椎体、肋骨突起
停止:大腿骨小転子
働き:股関節の屈曲、下肢を固定すると上半身は前に曲がる

 最近ではインナーマッスルとして有名になりましたが、
起始が腰椎からなので、腰に関与があります、
鍼などで、刺入すると緊張しているのが判るのですが、
以前整体か何かで、腹筋の奥の方に触って確認できるって、
記事があったような気がしますが、
「おぢさん」はやった事がないので、
判りません。

 ってな感じなのですが、
臨床だと、脊柱起立筋を緩めるだけでも、
効果があったりする場合もありますねっ、
その場合は大腰筋が原因ではない場合もあります。

 では、
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://maruton10.blog109.fc2.com/tb.php/51-fdf1b94c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

ブログランキング

一日一回、ポチッっとお願いします!

FC2ブログランキング

プロフィール

タキシード仮面

Author:タキシード仮面
 いつでも、笑顔で過ごせるといいねっ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

フリーエリア

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。