1. 無料アクセス解析

初心者マークの柔道整復師日記に変更予定

注意事項:当ブログでの情報の真偽は、必ずご自身で行ってください、記事上で被害等にあっても当方では、責任を負いかねます、そこのところよろしくお願いします。

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運動学問題第2章

 4.神経の構造と機能
 4.1-神経細胞・神経線維・シナプス
1.樹状突起は軸索から出る突起である。

2.神経線維は太いほど伝導速度が速い。

3.神経線維の興奮の伝導は一方向性伝導である。

4.シナプスとは軸索から他の神経細胞体、あるいは樹状突起への接合部分のことである。

5.シナプスの特性として両側性伝導がある。
 解答・解説
1.樹状突起は軸索から出る突起である。
 解答 ×
 解説 通常、神経は神経細胞体から1本の軸索とさらに複数本の樹状突起を出している。
運動神経の場合、他の神経細胞からの興奮(インパルス)は樹状突起が受信(求心性)し、細胞体に伝る。
そして細胞体が受けた興奮は軸索を介して突起の末梢に興奮を伝える。

2.神経線維は太いほど伝導速度が速い。
 解答 ○
 解説 神経線維はその直径が大きいほど、
(1)閾値が低い
(2)伝導速度が速い
(3)圧迫に弱い
という特徴がある。
また、新生児では直径が髄鞘化が不完全なため神経の伝導速度が遅く、成人の約50%である。
4歳ころ、成人値となる。

3.神経線維の興奮の伝導は一方向性伝導である。
 解答 ×
 解説 生体内でシナプスでの情報は一方向にしか伝導されないが、軸索の一点を刺激した倍、その興奮は両方向へ伝導されるため両側性伝導といえる。
神経線維の興奮の伝導性には、
(1)両側性伝導
(2)絶縁性伝導
(3)不減衰伝導の3つがある。

4.シナプスとは軸索から他の神経細胞体、あるいは樹状突起への接合部分のことである。
 解答 ○
 解説 シナプスとは軸索の末端から他の神経細胞体、あるいはニューロンに接合する部分をいう。
エクレス(Eccles)は、「細胞のあいだのインパルス伝達のために形態的に分化し、機能的に特殊化した構造」と定義した。
シナプスでの興奮の伝導は、アセチルコリン(そのほか、ノルアドレナリン、ドーパミン、γアミノ酪酸など)などの化学的伝達物質により行われる。

5.シナプスの特性として両側性伝導がある。
 解答 ×
 解説 シナプスの特性として、(1)一方向性伝達、(2)シナプス遅延、(3)易疲労性、(4)シナプスの可塑性があげられる。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://maruton10.blog109.fc2.com/tb.php/554-121c01c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

ブログランキング

一日一回、ポチッっとお願いします!

FC2ブログランキング

プロフィール

タキシード仮面

Author:タキシード仮面
 いつでも、笑顔で過ごせるといいねっ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

フリーエリア

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。