1. 無料アクセス解析

初心者マークの柔道整復師日記に変更予定

注意事項:当ブログでの情報の真偽は、必ずご自身で行ってください、記事上で被害等にあっても当方では、責任を負いかねます、そこのところよろしくお願いします。

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腹筋について考えてみた・・・

 腹筋を鍛えるのに、
膝が外に広がるので、
力が逃げてしまうのではないか?
ってな感じの質問が某場所であったので、
勝手に考察してみた。

 そもそもなんで、膝が広がると力が逃げるのか?
今まで気にせずに僕も腹筋を鍛えていたのですが、
僕のやり方とは違いますけど、
ちよっとネットで検索してみたら、
確かに載っていました。
 
 ・・・で自分なりに考察してみて、
以下のような文章を投稿したのです。

 以下抜粋です・・・
 膝を曲げて筋トレをする理由はご存知だと思いますが、
一応、大腰筋もしくは腸腰筋とも云われていますが、
腹筋の際に、腹直筋の他にこの大腰筋も一緒に働いて、
フォローしているからと云われています。
 ・・・でこの大腰筋ですが、↓のサイトの下の方を見てもらいますと、

http://www.musculature.biz/40/44/post_164/
clip


 足の方に付着している筋肉を見てもらいますと、
大腿骨の内側小転子と云うところについています。
 膝を曲げると云うのは、
この大腿骨がお腹に近づくので小転子もお腹に近づくかと思います。すると、筋肉は緩んでいる形になりますよねっ。
 それを、膝で考えてみると、
膝が外に開くと云う事は、
大腿骨の小転子も外側に向く形になり、
当然筋肉も外側に伸びる感じになります。

 すると、その状態で腹筋をすると、
緩んでない分、大腰筋は、収縮しやすくなり、
腹直筋を助ける格好になるかと思います。

 なので、膝が外を向いていると、
確かに効率が落ちる、股関節が代用してしまうと云う可能性がありますが、回数を多くやると云う手もありますが、
スロー筋トレのように、腹筋の緊張させている時間、
プルプルさせる時間を伸ばして回数を減らすって云うやり方もあるので、比べてみたらどうでしょうか?
ちなみに、僕は、腹筋はスロー筋トレです。
もちろん、どちらがいいかは、その人しだいです。

 余談ですが、
そもそも、膝を曲げるのは、
上記の理由もあるのですが、
大腰筋は腰痛の原因の一つとも考えられているので、
その予防だったり、
背骨の彎曲に合わせてなど、
いろいろあるようですが、
今回のように、
膝を広げると逆に腰が痛くなると云うのは、
又別の原因が関与しているんでしょう、
原因はともあれ、
無理をすると体を痛めるので、
痛いと思う事は避けて、
できれば、トレーナーの人とかに一度チェックしてもらえると、
いいかと思うんですけど・・・。

 以上

 ってな感じの解答を書いてみたのですが、
どんなもんでしょうか?

 では、
スポンサーサイト

テーマ:どうでもいい報告 - ジャンル:日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://maruton10.blog109.fc2.com/tb.php/562-a2afe19c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

ブログランキング

一日一回、ポチッっとお願いします!

FC2ブログランキング

プロフィール

タキシード仮面

Author:タキシード仮面
 いつでも、笑顔で過ごせるといいねっ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

フリーエリア

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。